妊娠中のお母さまへ

maternity1

マタニティ歯科では、妊娠中のお母さんとお腹の中にいる赤ちゃんの歯の健康を考えたケアを中心に治療を行います。

お腹の赤ちゃんとお母さんは繋がっているので、お母さんの健康はとても大切です。
妊娠をすると心も体もいつもと違う状況になり、お口の状況も普段の生活とはまるっきり変わってきます。当医院は妊娠中のお母さんのケアに取り組んでいます。

妊娠中に気をつけておきたいこと

  • 歯周病
    妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えます。ホルモンの影響により、増殖しやすい細菌がお口の中で増え歯周病などに罹患することが多くなります。
  • 妊娠初期の歯科検診
    妊娠初期は体調がすぐれないことが多くなることがあります。そのため歯がうまく磨けない場合や長く磨けない場合があります。すると虫歯や歯周病が発症しやすくなってしまいます。妊娠初期段階から健診を定期的に行い、治療や予防をすることで健康な口腔内状態を保てます。
  • 妊娠性エプーリス
    稀に妊娠中、歯肉の腫れができることがあります。【妊娠性エプーリス】と呼ばれるもので、「痛くて歯磨きができない」、「歯周病に移行しやすい」などの症状があります。そういった問題が発生した際にレーザーなどで切除・消毒し、口腔内環境を整える治療を行っております。

妊娠中の歯科治療

  • 妊娠中の歯科治療の最適時期
    妊婦さんの歯科治療の最適な時期は、安定期の3~8ヶ月の間がベストといわれています。精神的にも身体的にも安定している時期に集中して治療やケアを行い、できる限りその時期内に治療を終わらせるように計画を立て治療していきます。
  • 妊娠中の治療範囲
    妊娠初期は重要な臓器が形成される時期ですのでこの時期は基本的に応急処置にとどめております。妊娠後期は出産が控えており、身体的に負担がかかるので無理しない範囲で治療を行います。

産まれてくる赤ちゃんの為に

マタニティ歯科では、妊婦さんとともに授乳中のお子さんやお腹の中でスクスクと育っているお子さんも対象です。

maternity2

マイナス1歳からの虫歯予防

生まれたての赤ちゃんは無菌状態です。お口の中にも虫歯菌はいません。しかし1歳7カ月~2歳7ヵ月位をピークに母親など、大人からお子さんに菌が感染します。

つまりご両親のお口のケアが子供の虫歯予防となるので、大人にとってもお口のケアが大切な期間になります。

  • クリーニング
    安定期に入ったら、歯を徹底したクリーニング「PMTC」を行い、虫歯菌を取り除いていきましょう。クリーニング後は歯の表面がスベスベになります。