歯を最小限に削る虫歯治療はどれくらい浸透しているのか!

みなさんこんにちは!

綾瀬駅近くにある「たかなし歯科医院」です。

 

虫歯治療はひと昔だと、歯を大きく削るのが主流でした。

しかし、最近では歯をあまり削らない虫歯治療が主流になってきました。

そこで今回は歯を最小限に削る虫歯治療について紹介していきます。

 

  • 歯を最小限に削る理由

虫歯治療では虫歯に罹患している歯質を削りとることが大切です。

だからこそ、歯は歯質を大量に削っていたのですが歯を大量に削ると歯を弱くしてしまいます。

そこで、最小限に歯を削ることが大切となります。

 

  • コンポジットレジンという材料

近年で主流となっているのがコンポジットレジンという材料を使用した虫歯治療です。

プラスチックの白い詰め物で、最小限に歯を削っても高い接着力を得ることができます。

また、金属を使用する治療と異なり1回の治療で終了します。

 

  • 全国的に浸透している

歯を最小限に削る虫歯治療は全国的に浸透しているといっても過言ではないです。医院の中には薬で虫歯を殺す治療をしているところもあるほどです。

日本の虫歯治療は日々確実に進化しています。

関連記事

  1. 歯ブラシの選び方はどれが良い?市販の歯ブラシ選びのポイントを…

  2. 治療に対する姿勢をご紹介!綾瀬にあるたかなし歯科医院

  3. これからの時期、お天気から体調の変化も見逃さないようにしまし…

  4. 池江璃花子選手も実践?歯並びでパフォーマンスが向上

  5. ガンや心臓病で歯が痛む?非歯原性歯痛が注目されている

  6. 江戸時代には虫歯で人が死んでいた?時代の違いを痛感