口が乾くのは生活習慣のせい?口渇を予防しよう

みなさんこんにちは!

綾瀬駅近くにある「たかなし歯科医院」です。

 

口渇と書いて「こうかつ」と読みます。

口渇になると嚥下しにくくなることや、喋りにくくなることがあります。

今回は口渇の原因の中でも生活習慣が原因で起きるものを紹介していきます。

 

 

  • アルコールの多飲

アルコールを多飲することで、身体が緊張状態やストレス状態になったままになります。唾液は身体がリラックス状態にあるとき、分泌が促進されるためアルコールを多飲していると唾液分泌量が減少してしまいます。

 

  • 筋力低下

加齢や咀嚼回数が少ない人などは、咀嚼に必要な筋肉が低下してしまいます。筋力低下により、口呼吸になりやすくなります。口呼吸になると、ドライマウスになりやすくなるため、毎日の生活で咀嚼回数に気をつけるようにしましょう。

 

  • ストレス

仕事や学校でストレスを抱えている人は、身体が緊張状態になってしまいます。適度にストレスを解消しないと、唾液分泌に関係する副交感神経の働きが弱くなってしまいます。

 

以上の生活習慣に注意すると、口渇を予防できるかもしれません。

 

関連記事

  1. 歯科医療の地域格差を紹介!何が原因なのかも解説します

  2. 歯を最小限に削る虫歯治療はどれくらい浸透しているのか!

  3. 予防処置の重要性について理解していただきたいです!綾瀬のたか…

  4. 夏は口臭に注意しましょう!脱水予防にも効果的です!

  5. 口臭が発生しやすい生活習慣とは何?歯磨きしても口臭がする原因…

  6. 【十人十色】は歯にもあります!みなさんの歯の治療で気をつけて…