虫歯ができやすい3箇所!ここを意識して磨くだけで全然違います

みなさんこんにちは!

綾瀬駅近くにある「たかなし歯科医院」です。

 

今回は、歯科治療で切っては切り離せない病気「虫歯」についてお話ししていきましょう。

虫歯は手当たり次第できると思っていませんか?

 

実は虫歯というのは好発部位があります。

好発部位とは、よく発生する場所という意味です。

つまり、虫歯が発生しやすい部位を意識して磨けば虫歯予防に効果があるのです。

 

  • 歯と歯茎の間

歯は歯冠側に汚れが停滞することは珍しいです。逆に歯の根っこ側にはプラークが多く残存して虫歯になりやすいですね。

 

  • 歯と歯の間

歯ブラシだけで清掃しているとどうしても歯と歯の間にプラークを残してしまいます。面倒ではありますが、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って歯と歯の間をていねいに磨くようにしてください。

 

  • 奥歯の溝

奥歯にある噛むための溝。ここも虫歯が発生しやすいです。甘いものをよく食べるお子様はここに虫歯を作りやすい傾向があります。

 

以上、3箇所を意識して歯磨きするだけで全然違ってきますよ。

実践してみましょう!

関連記事

  1. 歯ブラシの交換時期っていつ?大切に使うのは良いことですが適正…

  2. 痛みの少ない治療!患者様の気持ちにも配慮

  3. 受け口は咀嚼障害の原因?ヨーロッパであった本当の話

  4. 舌がヒリヒリする?飲み込みにくい?それ貧血かもしれませんよ

  5. 歯を最小限に削る虫歯治療はどれくらい浸透しているのか!

  6. 妊活中の方や妊娠中の方へ!マタニティ歯科を有効活用してみませ…