痛みの少ない治療!患者様の気持ちにも配慮

みなさんこんにちは!

 

綾瀬駅近くの「たかなし歯科」です。

 

さて、今回は患者様の心理状態も歯科治療に大きく関係するという話をさせていただきます。

 

  • 痛みが苦手な方

痛みがどうしても苦手な方がいらっしゃいます。

注射と名前のつくもの全てが苦手という方です。

一瞬は痛いかもしれませんが、麻酔薬が効くと痛みが収まってきます。

 

注射を刺されることに対して強い恐怖心がある状態が続くと、迷走神経反射という反射運動を起こして意識消失過呼吸などを引き起こす恐れもあります。

痛みがどうしても苦手という方は一度ご相談ください。

 

  • 痛みへの配慮は?

痛みが苦手な方へ痛みを我慢してください!とは言えません。

当院では表面麻酔を使用するなどして麻酔注射時の痛みに配慮をしております。

さらに、麻酔液を温める・細い麻酔針を使用するなども痛みへの配慮として有効です。

 

当院では、これからも痛みの少ない歯科治療をおこなっていきます。

関連記事

  1. 口臭が発生しやすい生活習慣とは何?歯磨きしても口臭がする原因…

  2. 口臭がひどくなるのはどんなとき?お口の臭いは気づけないことが…

  3. お子様の矯正治療っていつから始めれば良いか?歯科医師がお答え…

  4. 妊活中の方や妊娠中の方へ!マタニティ歯科を有効活用してみませ…

  5. 舌がヒリヒリする?飲み込みにくい?それ貧血かもしれませんよ

  6. 江戸時代には虫歯で人が死んでいた?時代の違いを痛感