痛みの少ない治療!患者様の気持ちにも配慮

みなさんこんにちは!

 

綾瀬駅近くの「たかなし歯科」です。

 

さて、今回は患者様の心理状態も歯科治療に大きく関係するという話をさせていただきます。

 

  • 痛みが苦手な方

痛みがどうしても苦手な方がいらっしゃいます。

注射と名前のつくもの全てが苦手という方です。

一瞬は痛いかもしれませんが、麻酔薬が効くと痛みが収まってきます。

 

注射を刺されることに対して強い恐怖心がある状態が続くと、迷走神経反射という反射運動を起こして意識消失過呼吸などを引き起こす恐れもあります。

痛みがどうしても苦手という方は一度ご相談ください。

 

  • 痛みへの配慮は?

痛みが苦手な方へ痛みを我慢してください!とは言えません。

当院では表面麻酔を使用するなどして麻酔注射時の痛みに配慮をしております。

さらに、麻酔液を温める・細い麻酔針を使用するなども痛みへの配慮として有効です。

 

当院では、これからも痛みの少ない歯科治療をおこなっていきます。

関連記事

  1. これからの時期、お天気から体調の変化も見逃さないようにしまし…

  2. 池江璃花子選手も実践?歯並びでパフォーマンスが向上

  3. 「強い歯」ってどんな歯?お口全体で歯を守りましょう

  4. 舌がヒリヒリする?飲み込みにくい?それ貧血かもしれませんよ

  5. 歯科医療の地域格差を紹介!何が原因なのかも解説します

  6. 防災意識を持ちましょう!震災時のオーラルケアは?